2016年02月23日

新国立競技場

雲の上のゆすはら町には世界的建築家【隈研吾】氏の手がけた建物が4つあります。

一番最初に建てられたのが
【雲の上のホテル】

雲の上のホテル.jpg

続いて【梼原町総合庁舎】

総合庁舎.jpg

【雲の上のギャラリー】

雲の上のギャラリー.jpg

【まちの駅ゆすはら】

DSC_0067.jpg

 隈氏は90年ごろ、高知出身の建築家とのつながりで同町を初訪問。歴史ある木造芝居小屋「ゆすはら座」に感銘を受け、保存運動に関わる中で町との交流を深め、仕事の依頼を受けるようになったとの事。

ゆすはら座.jpg

先日、同町を訪問された際に
『最初に木に出会ったのはこの梼原町。それから20年間くらい、「木をもう一回建築に取り戻す」ということをやって、最終的に新国立で提案できた。そういう意味では、梼原から 新国立までは一つの流れでつながっているわけです』とありがたいお言葉をいただきました。

2020年に開催される東京オリンピックの新国立競技場には隈氏のデザインが採用され、
使用する木材は森林認証材を積極的に活用していくようです。

梼原町のFSC森林認証材もどこかに使われるかもしれません


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとお願いします。
応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ


posted by yusumori at 15:52| スタッフ便り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。