2017年02月22日

この木なんの木きになる木

製材工場には何の木かわからない木が保管されています。

この木は、恐らく広葉樹だという事ですが、樹齢も不明です・・・・・・。
長さは3mほどで、径が70pくらい中身は腐ったのか空洞になっています。
主に広葉樹でこうした状態になることがあるとの事。

DSC_5736.jpg

DSC_5734.jpg

DSC_5735.jpg

DSC_5738.jpg

どんな使い道があるか思案中です。
使い方によってはかっこいいものができるかもしれません。

興味のある方は工場までお越し下さい。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとお願いします。
応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ


posted by yusumori at 08:44| スタッフ便り | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

今どきの建築仕事フェス

2月4日(土)に大阪へ行っていました。
大阪府建築士会 青年分科会 主催による『今どきの建築仕事フェス』
が2月4日(土)に行われ、その中の林業ブースへ梼原町森林組合が出展させていただきました。

016f45016ba83bb26c25036d9ab471067df8082b65.jpg

この催しは、学生や若者に対して、今どきの建築にかかわるいろいろな仕事を学び、体験し、つくる楽しさを知ってもらいたいとの思いから、今年初めて開催されました。

建築にかかわる様々な職種のブースがありました。
体験できるものもあり、会場は賑わっていました。

DSC_5039.jpg

DSC_5080.jpg

林業ブースでは、杉・桧の丸太や葉っぱ。それぞれのチップを展示して、訪れた方にどっちが杉・桧かを聞いてみました。学生の正解率は約5割といった所でした。
初めて丸太を見たという学生もいました。(これ本物ですか?との声もありました)

樹齢50〜60年で胸高直径30p、長さ25mの杉丸太1本(材積が1m3)の値段はいくらぐらいすると思う?
と学生に聞いてみた所、驚きの回答がありました。

最高額は500万円で、最低でも10万円以上といった答えが返ってきました。

杉丸太の平均単価は1万円前後で推移してるので、
材積が1m3の丸太だと1万円前後ですよと話をすると一様に驚いていました。

国産材=高い 、木の家=高い
といったイメージは相当にあるなと感じた事でした。

イベント中は学生の話しも聞けたり、建築士の方ともお話できたりと
いろいろと勉強になりました。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとお願いします。
応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
posted by yusumori at 17:11| 新着ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。