2011年08月11日

パテ職人

お盆前になって夏の暑さが増してきました晴れ

高知の夏の代名詞、『よさこい祭り』にゆすはらチームも参加しています。

梼原町森林組合森林価値創造工場では今月末出荷予定のスギ板を本実(ほんざね)加工し、節埋め処理を行っています。

節埋めの様子は前回も紹介しましたが、今回はパテ処理の様子を紹介します。

今回加工を行っている材は高知県内に建てられる住宅に出荷します。

DSC_0336.jpg

2種類の原料を混ぜ合わせてパテ処理を行います。

DSC_0338.jpg

特一(とくいち)材ですので節には生節(いきぶし)・死節(しにぶし)・抜節(ぬけぶし)

があるので、節埋め処理を行う必要があります。

DSC_0339.jpg

若きパテ職人のしょうちゃんとこうちゃんが手慣れた手つきで一つ一つの節を

丁寧に埋めていきます。

DSC_0337.jpg

パテ処理を行った材は硬化した後に表面仕上げを行います。


人気ブログランキングに参加しました。
よろしくお願いします。
おかげさまでランキング上昇しています。

人気ブログランキングへ


posted by yusumori at 17:16| 森林価値創造工場 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。