2012年03月28日

木材の乾燥

高知市内では桜が開花し見頃となっているようですが、

寒い日が続くゆすはら町の桜の開花はもう少し先になりそうです雪

今日は木材乾燥機で乾燥されたスギの平角材が乾燥機から出ていましたグッド(上向き矢印)

DSC_0668.jpg

きれいに積み上げられて乾燥機に入れられています。

住宅部材で使用するには木材の含水率を20%以下にすることで後々のくるいが少なくなります。

梼原町森林組合では目標含水率を15%に設定して乾燥を行っています。

DSC_0670.jpg

含水率計で計測すると表面は15%以下になっていますが、

芯のほうでは表面の含水率より2%〜4%高い場合があり木の元と末口でもバラツキがあります。

そのため乾燥機から出された木材はストックヤードで一定期間養生を行います。

DSC_0672.jpg

養生を行うことで表面・内部のバラツキをおさえ注文に応じて加工して出荷していきます。

家を支える大事な材となるのでしっかりと管理していきますexclamation×2


人気ブログランキングに参加しています。
下の桜をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ


posted by yusumori at 12:25| 森林価値創造工場 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。