2012年11月22日

節の処理

ひさびさの更新になってしまいました・・・・・。

梼原町森林組合森林価値創造工場では、

まもなく出荷予定のスギ・ヒノキの板の節埋め処理を行っています。

注文によって異なりますが、今回は生節(いきぶし)はそのままにして

抜け節、死節(しにぶし)の処理を行います。

まずは抜けている節や死節の大きさにあわせて機械で穴をあけます。(試験用です)

DSC_0779.jpg

穴をあけるとこのような状態になります目試験なので多めにあけています。

DSC_0780.jpg

あけた穴にボンドを塗り、節を埋めていきます。

DSC_0783.jpg

埋節はヒノキを使用します。大中小の大きさがありますexclamation×2

DSC_0784.jpg

節を埋めたらこのような状態になります。

DSC_0782.jpg

そのまま機械で加工を行うと埋めた節が飛んでしまう恐れがあるので

ボンドが固まった後に飛び出ている節を人力で削り、それから機械で注文の寸法に加工します。

DSC_0787.jpg

DSC_0790.jpg

DSC_0789.jpg

パテ処理よりも複数回の工程になるため、どうしても加工に時間がかかりますあせあせ(飛び散る汗)

仕上がりの様子は後日アップしますグッド(上向き矢印)


人気ブログランキングに参加しています。
下の温泉をポチっとお願いします。
応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ


posted by yusumori at 12:17| 森林価値創造工場 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。