2012年03月25日

シャトル

だいぶあったかくなってきたと思っていたら、

今週末のゆすはら町では粉雪がまっています・・・・・雪

今回は梼原町森林組合森林価値創造工場にある加工機械『シャトル』の紹介をします。

この機械では『台車』や『ツインソー』で取られたスギ・ヒノキの柱材を乾燥し

住宅部材として使えるように仕上げを行う機械です。

製材の機械は帯ノコや丸ノコで挽くので表面は少し荒くなってしまいます。

こうした仕上げを行うことで寸法を整え、表面をきれいに仕上げていきますexclamation×2

動画はこちらから ↓ ↓ ↓



注文に合わせて1本1本加工を行っていきます。

山から伐られた木は様々な工程を経てようやく1本の柱になりますわーい(嬉しい顔)

機械の紹介が続いていますが、まだまだいろいろな機械があるのでまた紹介していきます手(チョキ)


人気ブログランキングに参加しています。
下の桜をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ


posted by yusumori at 11:46| 森林価値創造工場 | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

ツインソー

朝晩はまだまだ寒いゆすはら町ですが、日中はだいぶあったかくなってきました晴れ

今回は梼原町森林組合森林価値創造工場にある製材機械『ツインバンドソー』の紹介をします。

梼原町森林組合では『ツインソー』と呼んでいます。

『台車』はノコが1枚ですが『ツインソー』は名前からもわかるようにノコが2枚付いていますグッド(上向き矢印)

この機械ではスギやヒノキの丸太から主に3m〜4mの柱材を取っていきますexclamation×2

動画はこちらから ↓ ↓ ↓



台車では最低でも4回は挽かないと柱の形にはなりませんが、

ツインソーでは最短で2回通せば柱の形になっていきますわーい(嬉しい顔)

取られた柱は欠点(虫食いや腐りなど)がないか選別して乾燥の工程に移っていきます。


人気ブログランキングに参加しています。
下の桜をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ

posted by yusumori at 12:10| 森林価値創造工場 | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

オートテーブル

3月中旬になりゆすはら町ではようやく気温も上がってきて過ごしやすい季節になってきました晴れ

花粉に悩まされる季節でもありますが・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

前回動画をのせていた台車では板材を取るように丸太を大割りしていますexclamation×2

DSC_0669.jpg

DSC_0668.jpg

大割りされた丸太はオートテーブルという機械で注文の厚さにあわせて板を取ります。

動画はこちらから ↓ ↓ ↓



取られた板は欠点(虫食いや腐りなど)がないか選別されて次の工程に進んでいきます。

欠点のあった材はさらに細割りされて梱包材などに使用されます。

山の恵みを無駄なく使用していくことが大切ですねわーい(嬉しい顔)


人気ブログランキングに参加しています。
下の桜をポチっとお願いします。



人気ブログランキングへ
posted by yusumori at 12:13| 森林価値創造工場 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。